ポイントサイト&ブログでお小遣いを稼ぐ方法

中学時代に不登校を経験した、現在15歳の高校生です。ブログやポイントサイトを活用してのお小遣い稼ぎを解説します。

 【フェス復活】スプラトゥーン2ナワバリバトル攻略!ウデマエXが直伝!おすすめのブキやギアとは?

モッピー!お金がたまるポイントサイト

スプラ2ケチャ対マヨフェス復活!

  ナワバリバトルの攻略をウデマエXプレイヤーが解説!

f:id:Charin:20200503162412j:plain

ページの閲覧、ありがとうございます!

 

今回は5月23日7時~5月25日7時までの48時間で開催される、スプラ2「ケチャップ派VSマヨネーズ派」の解説をしていきます。

 

ガチバトルとは一風変わった心得が必要になってくるので、ガチマッチS+以上のプレイヤーでも、必見の内容です!

 

フェスでは無くても使える心得なので、必見です!

筆者のナワバリバトルで使用するブキやギアを紹介!

f:id:Charin:20200523161955j:plain

まずは筆者が実際に使っているブキやギアの解説をしていきます。

 

ブキに関しては、筆者の場合はやはりシューター類といったところ。

 

「やはり」というのは、秒速での塗る面積が理由になります。

 

シューター類の中でも、「射程が短くて連射速度が速い」ものと「射程が長くて連射速度が遅い」ものがあります。

 

ナワバリバトルでの場合戦法にもよりますが、基本的には前者の「射程が短くて連射速度が速い」ものをおすすめします。

 

しかし射程が短いので立ち止まっての塗りは禁物。

 

常に動きながら、常に視線を変えながらの立ち回りを心がけましょう。

 

f:id:Charin:20200409213847j:plain

そしてギアパワーについてですが、フェスの場合、フェスTの着用が必須のため、事実上コントロールできるギアパワーは2.6なわけです。

 

そのためいつもよりも使用するギアパワーを厳選する必要がありますね。

 

ちなみに筆者が使用しているギアパワーは、「イカ速1.3にインク性能1.3」です。

 

筆者も射程が短いシューターを使うので、ある程度移動時の速度が速くなければなりません。

 

歩く時の速度も上げたいという場合には、イカ速を少しヒト速に変えてもいいかもしれません。

f:id:Charin:20200409213930j:plain

そして「インク性能1.3」についてですが、これは相手を倒す速度を上げるためのものです。

 

ちなみにこのメイン性能を満タンまでつけてプライムシューターを使うと、2発当たった時点で大丈夫ダメージが99.0ぐらいまでになります。

 

その前にほんの少しでもボムなどでダメージを与えておけば、プライムシューターは2発で相手を倒せるということになります。

 

これが俗にいう「疑似2確」と言われているやつです。

 

ナワバリバトルでの心得

f:id:Charin:20200523163720j:plain

ここからはフェス期間中だけでなく、ナワバリバトル全体に言える心得を紹介していきます。

 

意外と理解されていない方も多いかと思うので、ぜひ読んでいただきたい部分です!

 

ナワバリバトル心得

  • 試合開始直後から、自陣の塗りに最善を尽くせ
  • 自陣の塗りには、開始1分~1分半ほどまで使ってよい
  • 最終的な目標は相手よりも多くのナワバリを取ることのため、最重要な部分は「キル」ではなく「塗る」ことである
  • 相手の塗れない自陣の部分を一番丁寧に塗る

心得を読んでいただいて、驚いた部分もあるかと思います。

 

ですが、筆者は真面目に思っていることなので、最後まで読んでいただきたいと思います。

 

ここにも目次を出しとくので、好きな心得まで飛んでください。

「試合開始直後から、自陣の塗りに最善を尽くせ」

f:id:Charin:20200523170428j:plain

見ていると意外と自陣の塗りをおろそかにしているプレイヤーが多くいます。

 

しかし自陣の塗りこそ一番大事です。

 

なぜなら、ナワバリバトルの場合、塗り進めていっても必ず「終わり」があるから。

 

いくら順調に塗り進めても、いつかは必ず相手の陣地にたどり着きます。

 

そしていざ相手の陣地までたどり着いたとき、塗っていない自陣に帰るまでの時間が、とってももったいないです。

 

心得にもあったように、自陣には相手が入れない区域がほとんどのステージに存在します。

 

そこを如何に確保するかが、まさに勝敗の決め手です。

 

ある意味、自分の一番に大事にして下さい。

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

自陣の塗りには、開始1分~1分半ほどまで使ってよい

f:id:Charin:20200523170621j:plain

これも先ほどの話と少々かぶってしまいますが、自陣をそれだけ大事に塗れ、ということです。

 

そして何度かナワバリバトルをやっていると分かってきますが、ナワバリバトルの場合、結局のところ勝敗が決めるのは最後の15秒です。

 

それまでにステージの70%を塗っていたとしても、最後の15秒で全滅すれば、その15秒で一気に逆転されます、ホントです。

 

そのため結局は最後の15秒なんですよね。

 

だからこそ、これ以上ないぐらいに自陣を大事にしてほしいので、開始1分~1分半ぐらい、または2分ぐらいでもいいです、自陣に目いっぱい時間をかけてください。

 

ウルトラマンでいえば、3分の間の半分で怪獣にたどり着けばいい感じです(笑)

 

 

最終的な目標は相手よりも多くのナワバリを取ることのため、最重要な部分は「キル」ではなく「塗る」ことである

f:id:Charin:20200523170705j:plain

これはガチマッチにも言えることではありますが、ガチマッチの場合、キルを取らないと逆転できない状況に置かれることもあります。

 

しかしナワバリバトルの場合、「キル」することだけに気を取られていると、まったく塗ることができません。

 

あくまで「塗る」ことが最大の仕事なので、塗ることを最重視した立ち回りを気遣ってください。

 

 

相手の塗れない自陣の部分を一番丁寧に塗る

f:id:Charin:20200523170807j:plain

これまた話がかぶってしまいますが、それだけ大事なことだと思ってください。

 

よ~く考えてみてください、相手が入ってこれないんですよ。

 

塗らない手はないでしょう!

 

まぁ相手にも同様なものがあります、だからこそ欠かせない仕事です。

 

自分も昔、44.1%対44.3%ぐらいの比率で負けたことがありました。

 

そこでステージの状況を見てみると、自陣のリスポーン地点の塗りがおろそかだったんです。

 

そこさえしっかりと塗っていれば。

 

マジで結構悔しかったです。(´;ω;`)

 

 

まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

長くなってしまって申し訳ないです(´;ω;`)

 

ですが、筆者が伝えたいことはここまでに上るということです。

 

ガチマッチとは気を付けたい部分が変わるので、感覚が慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、ぜひ気をつけてください。

 

ブキやギアパワーの構成も、どんどんマネして頂いていいので、使ってみてください。

 

改めて今回は、スプラ2のフェス限定復活を記念して、ナワバリバトルの心得を紹介しました!

 

 

このブログでは芸能系やゲーム系の記事を扱っています、ご一緒にどうぞ

www.charin07.info